女性の薄毛対策

女性の薄毛の多くは30代から始まります。これはホルモンバランスの乱れや代謝の低下が原因です。
仕事をしている女性も増え、ストレスを抱える女性が非常に多くなりました。ストレスは自律神経や血行不良の原因となります。

 

 

ストレスを改善するためにはしっかりと睡眠を取り、休息する事が重要です。睡眠は6時間以上は取りたい所です。睡眠中は成長ホルモンが分泌され、細胞は活性化します。肌細胞や頭皮にある毛母細胞の分裂活動を促進します。また、睡眠は血流を改善する作用もあります。睡眠不足は自律神経の乱れや活性酸素の発生、血行不良など、薄毛対策には非常にマイナスです。

 

 

 

 

また、適度な運動もストレス解消には有効です。有酸素運動をしっかりすることで、血流も改善し、薄毛対策にも有効です。
1日に30分程度のウォーキングを取り入れるのがおすすめです。

 

血行不良の原因には喫煙があります。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があります。そのため、髪の毛の成長に必要な栄養分が毛根まで届きにくくなります。さらに、タバコはビタミンCを消費するため、活性酸素が発生しやすくなり、細胞分裂の低下、過酸化脂質の増加などの症状を引き起こします。

 

 

女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症と呼ばれる症状です。頭頂部あたりから全体的に抜け毛が増えます。髪の毛が全体的に減少し、頭皮が透けてきます。更年期頃に最も多く見られます。他に、女性特有の薄毛には産後の脱毛があります。

 

産後の脱毛は女性ホルモンのバランスが変化するために起こります。
妊娠中はホルモン分泌が多くなり、髪の毛の成長期が通常より長くなります。胸が大きくなるのもホルモンの為です。

 

出産してしばらく経つと、ホルモン分泌が落ち着いてきます。その頃に成長期にあった髪の毛は休止期に移行し、抜け毛は増えます。
ただ、産後の脱毛は半年ほどすれば落ち着き、髪の毛は元にもどります。

 

 

薄毛対策 男性と女性の違い

女性と男性の薄毛の原因は異なります。男性の場合、男性ホルモンが大きな要因となり、薄毛を引き起こします。
女性のばあいはホルモンバランスの乱れ、血行不良などによる代謝の低下が主な要因です。

 

男性の育毛剤はプロペシアなどの男性ホルモン抑制タイプがほとんどです。
女性の育毛剤は血行促進、炎症抑制、保湿などの役割がメインになります。

 

 

男性の薄毛は成長期が短くなるのに対し、女性の薄毛は休止期が長くなる傾向があります。
そのため、女性の薄毛対策は毛母細胞、毛乳頭を活性kし、休止期から成長期へと移行させる必要があります。

 

 

 

 

毛乳頭、毛母細胞の活性化には血行促進が非常に重要です。
その為に、育毛剤を使用します。育毛剤には血行促進作用のあるセンブリエキスやニンジンエキスを配合したタイプがおすすめです。
生薬によって血流を改善することで、毛乳頭に栄養を送ります。また、運動や睡眠など生活習慣の改善も非常に大切になります。

 

 

血流改善と同時に食事も非常に重要です。
髪の毛はタンパク質で出来ているため、お肉や魚、卵などをしっかり食べることが重要です。他には亜鉛も重要になります。亜鉛にはタンパク質を合成する働きがあります。牡蠣やしじみ、ココア、焼き海苔などに含まれています。お肉は脂身の少ない鶏肉が特におすすめです。

 

 

30代以降、加齢等による薄毛にはホルモンバランスの改善も重要です。
その為には卵巣を元気にすることが大切です。女性は卵巣から分泌されるので、運動などを行い血流をよくすることが大事です。
血行が良くなると、卵巣にも血液がしっかり行き渡り、女性ホルモンの分泌を促進します。

 

 

その他に、パーマやカラーリングなども抜け毛、薄毛には注意が必要です
パーマ液やカラーリング剤は非常に刺激が強いため、頭皮に炎症などのダメージを与える事があります。